トュームストーン準州立公園 (デンプスター・ハイウェイ)

 ツンドラ(永久凍土)の上をどこまでも続く美しい秋の風景を求めてカナダ・ユーコン準州 デンプスター・ハイウェイ Dempster Highway を訪れた。その中心はハイウェイを南北に縦断する ツームストーン準州立公園 Tombstone Territorial Park だ。

 このあたりは広大なツンドラの大地だ。その過酷な環境の大地に背の低いベリー類が地面に這いつくばるように生育し、夏の終わりから秋にかけての短期間、豊富な色彩の紅葉を展開する。その見事な景観はどのように表現したらよいのだろう。

 誰もいない広大な眺めの Peter's Point Rest Area に降り立ったとき、心身ともに和やかになる自分がいた。ゆるやかに流れる自然の時間とその年月が創りだしたすばらしい作品に我を忘れる。

 ありきたりだが、秋色豊かな紅葉に青空と白い雲、遠くに見える マウント・トュームストーン、そこここにある小さな池塘。それら全てが渾然一体となった 彩り鮮やかな絶景が遥か彼方まで見渡せる。

 絶景を切り裂いている一本の道、それすらこの風景の引き立て役を演じているようだ。時おり通り過ぎる車はキャンピングカー。この景観をゆったりとした時間で愉しんだことだろう。

 ここにも地球温暖化の影響が及んでいるのだろうか。紅葉が敷きつめられた細い道に足をふみいれたら、ツンドラがぬかるみ、水が浮かんで光っていた。

 日常を忘れ幸せな気持ちにしてくれたこの大自然よ、いつまでも美しい姿のままでいてほしいと願わずにはいられない。

 夕方小雨が降った後柔らかな陽射しが落ちてきた。秋彩は深みを増して鮮やかに輝き、いっそう魅力的な風景となった。暗くなる前に帰り着こうととは思うのだが、優美な手招きには抗しきれず。しばしば車を停めてすばらしい贈り物にカメラを向けた。

 日本ではお目にかかれない絶景。ここで眺めた風光明媚な風景は、何時までも忘れない宝物となった。


撮影地 カナダ ユーコン準州
     デンプスター・ハイウェイ Dempster Highway
     トゥームストーン準州立公園 Tombstone Territorial Park
撮影日 07.8.30〜8.31

 

ユーコン・アラスカ レンタカー旅行